教えたい

わんちゃんのお散歩サポート

おすすめピン2 コメント数2 閲覧数222

⭐️ よかれと思ってしたことが逆効果
人でもそうですが、わんちゃんも年をとると身体能力が
低下してきます。足腰の筋肉がおとろえ、関節を
動かしにくくなり、日常生活を送るうえで、他人の
手が助けが必要になってきます
そうなったときに大切なのは、わんちゃんが幸せを
感じる、お散歩、ごはん、飼い主さんと遊び時間 を、
急に減らしたり、なくしたりすることなくサポートを
してあげることです。
わんちゃんの体が心配だからといって、散歩の回数や
ごはんを減らしてしまっていませんか?
飼い主さんが、わんちゃんためによかれと思って
したことが、わんちゃんにとって幸福で大切な時間を
減らして、老化を老化を早める原因になっているかも
しれません。

今、わんちゃんにしているその手助けが、本当に
わんちゃんのためになっているのかどうか
考えてみてください。幾つか例をあげるので、
参考にしてくださいね。

🔵 歩くのが不自由になってもお散歩や運動をやめないで❗️

わんちゃんがふらついたり、つまずいたりすることが、
増えてくると心配になりますね。
ですが、お散歩や運動をやめてしまうのは逆効果です。
お散歩は、わんちゃんの1日のうちで楽しみにしている
大切な時間です。それに、じつはお散歩のはたくさんの
メリットがあります。そとに出て、お友達のわんちゃんに
会ったり、道に生えている草花の香りを嗅いだりして
刺激を受けることは、脳の活性化につながります。
また、強い骨を作るために必要なカルシウムの吸収を
助けるビタミンDは、紫外線を浴びることによって、
皮膚が作られます。骨を丈夫に保つためにも、お散歩に
より太陽の光を浴びることは欠かせないのです。

工夫しながらわんちゃんに散歩させてあげましょう❗️


こんな飼い主さんに教えたい:病気・介護(軽度)

投稿者

76cef584 0e31 45a9 b2fb 1ef19bc6b53b モモママさん

飼育歴:〜3年
ワンちゃんと過ごせる時間:平日の夜間のみ

お悩みワンちゃん

Baf48413 79a1 496e b9d0 7bf3e9d6cac0 モモちゃん

3歳|女の子|トイ・プードル|病気・介護(軽度)
トイレ, おてんば, 散歩好き, 夜型の生活, お留守番多め

0人がピンしました

初めまして。

なるほど〜〜。
確かに 愛犬のためにと
思ってやってることが
実は楽しみを取り上げ
淋しい思いをさせてしまってることになるのですね。
出来る限り 変わりなく
サポートして上げるのが一番なんですね。
今後の参考にさせて頂きますね♫

4167d445 60bb 4dd1 b13d 52470395cd81 花恋ママさん
0cbde5b8 1c2d 4e32 bab1 b414debcb206

飼育歴:10年以上/ワンちゃんと過ごせる時間:毎日
ワンちゃん:チワワ/病気・介護(軽度)

0人がピンしました

そうなんですね!
初代ワンコのとき、ふらふらしだして踏ん張りがきかなくなってからは
散歩にあんまり行かない方がいいのかもと、回数を減らしちゃっていました。。
今思えばとってもかわいそうなことをしてしまったのですね。
今一緒に暮らしているジャックはまだ7歳ですが
衰えを感じはじめても、少しでも散歩に出たり
歩かせたりするようにしたいと思います!

こういうお話ってけっこう勘違いや思い込みで
間違ったことを続けてしまったりしてるので
知れてよかったです(*^^*)

408b9b0e 709e 49fd 900c cc65d65f6b36 えりさん
51d94741 677a 43c6 8ed1 3fe33ed8fa1a

飼育歴:〜7年/ワンちゃんと過ごせる時間:休日のみ
ワンちゃん:ジャック・ラッセル・テリア/シニアなりたて