Picnuck Powered by inuck(イヌック)
Picnuck Powered by inuck(イヌック)

早くも第3回を迎えましたpicnuck。
今回のテーマは、かなり渋めな「老犬の矜持」
「矜持」を辞書で引くと「自分の能力を信じていだく誇り。プライド。」とあります。
普段は可愛いワンちゃんたちの、内に秘めた力強い表情がたくさん集まりました。

grandprix_main
Picnuck Powered by inuck(イヌック)

青空の下の散歩

Photography by
みのり @abby

編集部からのコメント

鋭さのある目線、嚙みしめた口元、そしてピンと立った耳。
・・・負けました。
普通のワンちゃんであれば、テンションがあがりがちな散歩ですが、この凛とした風格。
投稿者さんからのコメントによると「雪が降っても散歩はかかさない」とのこと。
「散歩」というよりも「巡視」を感じる、責任感に満ちた表情をグランプリとさせていただきました。
それにしてもこの写真、テーマを超えてなにか惹きつけるものがありませんか?


Picnuck Powered by inuck(イヌック)

瞳の奥に

Photography by
れおまま @reomama
grandprix_main

編集部からのコメント

美しい。の一言につきる作品。
「矜持」のほかにも、「憂い」や「追憶」といった日本語特有の感情を内包するかのような表情。
背景の紅葉と相まって、メランコリックな気持ちを誘う一枚です。
個人的にですが、森進一さんの「おふくろさん」のジャケ写がよぎってしまいました。
参考画像 おふくろさん

Picnuck Powered by inuck(イヌック)

「おやつにして。」

Photography by
匿名 @mmk
grandprix_main

編集部からのコメント

近所の若いワンちゃんからの相談を受けているような、
まさに「ベテラン」という響きが似合う佇まい。
このまま銅像になっても違和感のない、落ち着きと安心感のある体貌ですが、なんとタイトルが「おやつにして。」
風格とタイトルのギャップに票が集まった作品でした。

Picnuck Powered by inuck(イヌック)

日向ぼっこ

Photography by
匿名 @sora0822atu
grandprix_main
grandprix_main
grandprix_main

編集部からのコメント

今回、はじめての試みとして、同じワンちゃんの投稿を「連作」として、評価させていただきました。
この3枚、すべて表情が同じように見えて、微妙にニュアンスが違います。
特に真ん中。カニを頭にのせることができる落ち着きには、長生きの余裕、まさに矜持を感じます。
この微妙な表情の違いを感じた飼い主さんの犬愛、
シニア犬の表情の、大きな可能性に驚かされた作品です。

Picnuck Powered by inuck(イヌック)

水戸黄門

Photography by
M.I @damiku0526
grandprix_main

編集部からのコメント

タイトルと合わせて納得の一枚。
三人セットのキャラクターによく見られる「リーダーがバランスのとれたタイプ」感が
こちらの想像をかき立てます。
しっかりとこちらを見据えた表情から滲む強い正義感。
この3匹がお家にいてくれたら、とっても心強い気がします。

Picnuck Powered by inuck(イヌック)

どこへ行っちゃうの?

Photography by
grandprix_main

編集部からのコメント

考えようによっては「甘え上手」であるというのもワンちゃんの矜持なのでは?
そんなことを考えさせられた一枚です。
吸い込まれそうな、奥の深い瞳と、少し歳を感じさせる毛色に
シニア犬の妙々たる姿が良く表れています。
これは、飼い主さんはお留守番させられませんね(笑)

Picnuck Powered by inuck(イヌック)

青空と土手と僕

Photography by
匿名 @mairokuro
grandprix_main

編集部からのコメント

こちらも前の作品同様に、ぜひ拡大してみていただきたい、瞳の美しい一枚。
一見、可愛らしくも見えますが、そこはシニア犬。
若いワンちゃんには決して真似ることのできない、強い目を持っています。
下手上方へと向けられた目線が「勝者」を思わせる、画面的なダイナミズム。
写真としての評価も高かった作品でした。

Picnuck Powered by inuck(イヌック)

哀愁

Photography by
bonsena @bon8sena
grandprix_main

編集部からのコメント

「幸せだなァ・・・僕は君といる時が一番幸せなんだ。」
古き良き時代を振り返る、誇り高き若大将。そんな光景が浮かぶ秀逸な一枚です。
海の向こうを見つめるその姿、加山か、はたまた坂本か。
何か大きなことを成し遂げた偉人の「それ」を感じます。
この写真は是非クリックしていただき、拡大してみていただくことをおすすめします。
本当に目の奥が綺麗です。

Picnuck Powered by inuck(イヌック)

2016年が始まって、初めてのテーマ「矜持」
募集時の次節であった「新春」とは全く関係なく、
また、非常に捉えにくいテーマなため
応募数が下がってしまうのではと心配をしていました。
しかし、今回も、大変ありがたいことにたくさんのご応募をいただきました。

「矜持」という言葉は、英語だと「プライド」と訳されるようで
言葉的には「自尊心」との使い分けが難しいところですが
どの写真からも、まぎれもない「矜持」を感じた飼い主さんの気持ちが伝わりました。

今回の評価の傾向としては、特に「目」に注目が集まりました。
こちらを見据える目、遠くを見つめる目。
なぜかシニア犬の目というものは、目の前のものだけでなく
なにか後ろにあるものを見透かしているように感じる時があります。
「目は多くを語る」と言われるように、
ワンちゃんも人と同じように「目」や「表情」でコミュニケーションをとり、
また、飼い主さんもそれを感じ取ることができるようになるのではないかと感じました。

なかなか複雑なテーマではありましたが
たくさんのご応募、重ねて御礼申し上げます。
次回も、シニア犬の表情を読みとる楽しさがもてるテーマを募集しますので
どんどんご応募ください!

募集テーマ:
「老犬の矜持 ~ 誇らしげ、力強い眼差し ~」
募集内容:
年を重ねたワンちゃんの「プライド・誇りが感じられる表情」
募集枚数:
1枚 (複数枚応募可)
募集期間:
2016/01/08〜2016/02/07
応募資格:
7歳以上の愛犬であること
グランプリ賞品:
Picnuck Powered by inuck(イヌック)